• First Image

    見える化

    「見える化」は「可視化」という無機質な言葉とは区別して欲しい。「見える化」は物理的な「モノ感」や体を使った「行動」を理解する事。それを理解してはじめて「見える化」です。「見える」だけでは「見える化」とはいわない。そこから生まれる物理的な感触が、問題解決にむけた行動を生み、はじめて「見える化」の効果が生まれると我々は考えます。

  • First Image

    統合化

    本当にしたい「統合化」とはデータを集めてひとつのデータベースをつくる事では有りません。統合されるべきなのはデータやデータベースでなく、当然の様に散在する資産を「統合化」されたインタフェイスでコントロールする事。その上で、有効性の高い状態で取り出せたり、保管できること。EDGSQUAREはそれらを統合するソリューションを提供致します。

  • First Image

    ロックインの排除

    ライセンスの更新やサードパーティのソリューションは使えないなど、ベンダーからのロックインが発生する事により企業が「素早い」アクションが行えず、さらにはROIの検討さえ適切に行えない事もしばしばです。EDGSQUAREはそれらベンダーロックインというデメリットの解消を企業命題としています。

  • First Image

    IBSという考え方

    EDGSQUAREでは Integrated Base Serviseという思想の基、企業システムの統合を支援しています。「データをつなぐ」「ビジネスとシステムをつなぐ」「ビジネスプロセスを設計する」それらにつながるのはすべて人でありバラバラな個人のスキルでは無いと我々は考えます。企業にとって必要なものを提供する為のサービス。 それがIBSです。

株式会社エッジスクウェア

エッジスクウェアはSOA基盤を中心としたソリューションをご提案し、卓越した技術力をベースとして企業のTCO削減につながるサービスを提供します。

弊社サービス

弊社では中小企業から導入が可能なサービスや製品を提供しつづけています。

  • クラウドサービスを考慮した高機能低価格なSOA/BPM統合基盤サービス [ BizPresto ]
  • クラウドとの連携を重視した高速バックアップ製品[ MiKaGaMi ]
  • 統合されたコンテンツを管理する[ Alfresco+ ]
  • SOAやBPMに関する導入のコンサルティング


弊社の考えるミッション

私たちは、新しい情報価値を見出し、それをサービスとして提供する事により、お客様の企業価値の最大化に貢献すると共に社会の発展に寄与します。

バリューステートメント

1、お客様の利益を最優先に考えましょう。その上で私たちの利益を出す為に精一杯知恵を絞りましょう。

2、信用と信頼を重んじ、私たちがそうしてもらいたいと思う態度で接しましょう。

3、お互いをリスペクトし合い、率直に言いたい事を言い合える組織を築き、心を一つに行動しましょう。

4、どんな困難な状況においても、出来る方法を常に模索し、積極的かつ迅速に行動しましょう。

5、現状に満足する事なく、より優れたサービスを創出する様に試行錯誤しましょう。